おだ内科クリニック 内科(一般・呼吸器・循環器)

 

内科外来の紹介


 一般内科

病院での総合診療部に相当します

頻度の多い軽症疾患、いわゆる「コモンディジーズ」を扱いますが、一方で重症疾患や専門的治療を必要とする疾患を総合病院に紹介する役割を担っています。
当院では発熱を中心とした急性感染症、感冒・風邪、腹痛・胃腸炎、等のほか下記疾患を扱っています。

糖尿病、糖尿病予備群、メタボリックシンドローム
脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)
痛風、高尿酸血症
甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、甲状腺がんのスクリーニング
鼻炎、花粉症(アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎)
その他の疾患は「呼吸器内科」、「循環器内科」の紹介をご覧ください

以下の疾患は基本診察の後に専門医へ紹介することを原則としています。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん
大腸ポリープ、大腸がん、急性虫垂炎
慢性肝炎、特殊な脂肪肝
リウマチ、膠原病
甲状腺がん
→専門医からの逆紹介後は当院で治療を行います。

 呼吸器内科

当院を受診する方で多い訴えは「咳」です。オフィスビルやマンションのような都市型空間は部屋の気密性が高く、空調による空気の再循環もありアレルギーや感染症が多くなる傾向があります。いずれも「咳」を呈することが多く鑑別診断が重要になっています。

喘息、咳喘息、アレルギー性気管支炎

間質性肺炎、肺線維症
COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺気腫、慢性気管支炎など
自然気胸、肺気腫性嚢胞
肺結核、非結核性抗酸菌症
慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法(HOT:home oxygen therapy)


以下の疾患は基本診察の後に専門医へ紹介します。
肺がんやその疑い
入院を必要とする肺炎


 循環器内科

健康診断で高血圧を指摘された方、総合病院で狭心症や心筋梗塞の治療を受けた後の継続治療などの方が多く受診されます。

高血圧およびその精査
不整脈の基本診察
心房細動の継続治療
動脈硬化症、頸動脈エコー検査

精密検査や治療を必要とする場合は他の医療機関や総合病院との連携を行っています。


 院長の内科関連の学会資格


日本内科学会会員・地方評議員
米国内科学会上級会員(ACP #01043457)