おだ内科クリニック 内科(一般・呼吸器・循環器)

 

感冒・風邪


 受診する前・受付手順

普段から手洗い、うがいに努めましょう。
持病や今回の症状で服用しているお薬があれば、お薬、お薬手帳、薬剤情報提供書のいずれかを持参してください。
過去にお薬でアレルギー症状が出たことがある場合は受診時に問診票に記載してください。
アレルギー症状ではなくても副作用が出やすい方も問診票に記載しておきましょう。


 診察・治療の流れ

初診の方は「風邪問診票」に記入してください。高熱などで状態が悪い場合は診察より先に点滴ベッドに横になり医師の診察を待ってください。
医師の問診、診察の後に説明と投薬があります。症状が重い場合は必要に応じて点滴、採血などの検査を行います。その後結果の説明と投薬、生活上の注意の説明があります。


 帰宅後の生活について

感冒症状、風邪症状は最も頻繁に起こる感染症です。古来より養生すればほとんどの場合は治り、無理が重なればこじれて長引きます。体力がなければ重症化し死に至る、まさに万病のもとでした。現代でもこれは変わりません。治療薬は進歩しましたが、抗生物質を飲んでいても無理をすれば悪化します。
過労を避け、睡眠を十分にとりましょう。
水分やビタミンを多くとりバランス良い食事をとりましょう。
うがい、歯磨きで口腔、咽頭の清潔を保ちましょう。
高熱がなければ入浴は差し支えありませんが、体温が下がらないように早く寝ましょう。