診療概要

総合内科(内科系全般)


病院での総合診療部に相当します

頻度の多い軽症疾患、いわゆる「コモンディジーズ」を扱いますが、一方で重症疾患や専門的治療を必要とする疾患を総合病院に紹介する役割を担っています。
当院では発熱を中心とした急性感染症、感冒・風邪、腹痛・胃腸炎、等のほか下記疾患を扱っています。

糖尿病、糖尿病予備群、メタボリックシンドローム
脂質異常症(高コレステロール血症、高脂血症)
痛風、高尿酸血症
甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、甲状腺がんのスクリーニング
鼻炎、花粉症(アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎)

以下の疾患は基本診察の後に専門医へ紹介することを原則としています。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん
大腸ポリープ、大腸がん、急性虫垂炎
慢性肝炎、特殊な脂肪肝
リウマチ、膠原病
甲状腺がん
→専門医からの逆紹介後は当院で治療を行います。

治療の流れについて

  • 問診

    現在の症状に至る経過をお聞きします。感冒などは簡単な問診票、また帰国後の疾患は専用問診票に記載いただきます。治療に対してのご希望などもお伺いします。
  • 診察または検査

    医師の診察
    →(必要な場合は検査)
    →治療方針の説明
    →(必要な場合は点滴などの治療)
    →処方箋交付、会計、再診予約など

  • 定期通院の場合

    →定期検査を先に行います
    →医師の診察、説明
    →処方箋交付、会計、再診予約など