輸入ワクチンの需給状況について

【狂犬病ワクチン Verorab/Rabipur/Abhayrab】

今年になり世界的に不足が顕著になり入荷まで接種開始をお待ちいただく場合があります。現在接種中の方のワクチンは確保できています。3月初旬からは通常の接種が可能です。

【A型肝炎ワクチン Havrix/Avaxim】

需給が厳しくなっていますが、確保できています。国産ワクチン(エイムゲン)の使用も可能です。

その他にA型B型肝炎混合ワクチン(Twinrix)、腸チフスワクチン、T-dapなども十分な在庫があります。

【接種費用について】

不足ワクチンの価格は国際市場で今後上昇が予想されますが、なるべく変動幅を抑えてまいります。

2018年02月21日