高山病

HOME > 高山病

高山病

高山病は観光地であっても標高2500~3000m以上で注意が必要

標高の高い観光地(当院に受診が多い場所)

  • ペルー:マチュピチュ(2430m)、クスコ(3400m)
  • ボリビア:ウユニ塩湖(3700m)
  • 中国:チベット自治区ラサ(3700m)
  • マレーシア:キナバル山登山(4095m)
  • フランス:シャモニのケーブルカー終点(3842m)
  • 日本:富士山登山(3776m)

急性高山病の症状

  1. 頭痛、
  2. 食欲不振、吐き気・嘔吐などの消化器症状。
  3. 倦怠感・虚脱感、
  4. めまい・もうろう感、睡眠障害のうち一つ以上を伴う。

手足のむくみを伴うこともある。

具体的には、鎮痛薬の効かない頭痛、嘔吐、まっすぐ歩けない、傾眠傾向、感情鈍麻、回転性めまい等には注意する。
重症では高地脳浮腫、高地肺水腫が起こる。

高山病の予防

アセタゾラマイド(商品名ダイアモックス)当院では院内処方を行っています。保険適用外。申し込みや予約は特には必要ありません。

高山病